タウリン不足による欠乏症

タウリン不足による欠乏症

タウリン不足による欠乏症

タウリン牡蠣やハマグリ、しじみ、イカやタコ、青魚などに豊富に含まれている含硫アミノ酸です。

 

これらの食品から摂取したタウリンは、心臓や筋肉などさまざまな組織に広く分布し、体のいたるところで働いています。
このように摂取したタウリンは常に、体の中で消費されています。

 

食生活が乱れていてタウリン不足になると、タウリン欠乏症を起こしてしまいます。
1日の摂取目安は約500mgとされていますが、100mgでも摂れているでしょうか?
肉料理を食べることが多い、魚介類は苦手、外食が多いなど偏った食生活ではタウリン不足を起こしてしまいます。

 

こうしてタウリン欠乏症になると、さまざまなトラブルが起こります。

  • 肝機能の低下
  • 消化吸収の機能低下
  • 網膜の機能障害
  • 動脈硬化や高血圧などの生活習慣病

 

慢性的にタウリンが不足すると上記のように、体の不調やトラブル、生活習慣病を発症しやすくなるので注意が必要です。
食生活を改善してもタウリンがなかなか摂れないときには、サプリメントを活用してみてください。